オーソモレキュラーアカデミーが目指すものとは?

古代ギリシャの医学の父ともよばれるヒポクラテスをご存知でしょうか。彼は世界最古の医師と呼ばれていますが、沢山の名言を残しています。

その中のいくつかを紹介させていただきます。

「病気は食事療法と運動によって治療できる。」

「食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか。」

またドイツ人の医師 シュバイツァー(ノーベル平和賞受賞)はこのような言葉を残しています。

「どんな人の中にも内なるドクターがいるのに、彼らはその真実を知らずに医者を訪れる。患者一人ひとりに宿る内なるドクターに働くチャンスを与えよう。その時に初めて我々は医者として本領を発揮したことになる。」

ここでは、「内なるドクター」とは「自己治癒力」でありそれをいかに発動させるかが本来の医者の役割ということが書かれています。

しかし現代の医学はどうでしょうか?

ほとんどの多くの病気は生活習慣や食習慣からくるものとされながらも、日本の保険医療の制度という枠組みの縛りから、なかなか一人ひとりにあった生活習慣や食習慣の指導に時間をさけないのが現状です。

本来、生活習慣や食生活を見直し改善することによって病気の治癒が望めるものも、対処療法的に薬を処方され、また患者さんサイドも言われるがままに薬を服用しているということはないでしょうか。

またその一方で健康ブームは広がり、テレビをつければ健康番組を見ない日はないほどです。以前の私もまたその一人でしたが、テレビやマスコミの健康情報に流され色々な健康療法を実践していました。

分子栄養学を勉強していくと自分自身の身体や家族の身体の状態など一人ひとりの個体差を把握し適切な生活習慣や食生活に改善することができました。

分子整合栄養医学とは個体差を把握するために血液検査や各種バイオロジカル検査に基づき、しっかりとしたエビデンスに基づき治療していく医学です。

病気の治療や予防には、患者さん一人ひとりの生活習慣や食生活の改善が必要不可欠です。しかし生活習慣や食習慣を根本的に変えるためには、ドクターから言われたことを鵜呑みにするのではなく、ご自身が体の状態を把握し納得して腑に落として実践していくことが必要不可欠なのです。

これからの時代は、自分自身が内なるドクターに気づき、納得し実践していくためにも自分自身にあった正しい知識を得ることが最重要です。皆さんには無知がゆえに選択を誤るということはしてほしくありません。

このような考えのもと、オーソモレキュラーアカデミーでは自分自身やご家族の健康のために、分子整合栄養医学に基づく正しい知識を皆さんに知って、納得してもらう機会として各種セミナーを開催しております。

是非勉強会に参加して明日からの自分の健康や家族の健康に役立てませんか?

皆様の知識向上のために少しでもお役に立てますことを心から願っております。