3/16「分子栄養学に基づく血液栄養解析 Live症例解析」in東京 セミナー後報告

3/16「分子栄養学に基づく血液栄養解析 Live症例解析」セミナーを東京で開催致しました。

今回は2名の方から血液データをお借りしてLive症例解析を行いました。今回は特に甲状腺にまつわる数値について詳しくご説明しました。実際の血液データとご本人の体調を見比べることで、マスクされたデータや今までの栄養不足の状態など推測することが出来ます。

アンケートから皆様のセミナー受講後の感想をいただきました。

「今後の勉強のために大切なお話を聞けました。」

 

「実際の血液検査の数値で比較することで解りやすかったです。」

「より患者さんのリアルな症状に注力していて、安藤先生なりの見解が聞けるのですごく勉強になります。」

「甲状腺ホルモンの検査データの見方がとても参考になりました。」

「甲状腺や、腸、毎回データによって勉強できるスポットが違うのが、とても参考になります。」

「栄養医学に触れる貴重な機会になっています。」

「検査データの見方がよくわかりました。」

「様々な分析とともに、個体差のこと、まずは食事で、というまとまりの話だったのがなるほどと思いました。」

「血液検査結果を解析してもらい、自分の生活に心当たりがあったのでためになった。」

「情報量が多かったのでとても勉強になりました。生活に生かしていきたいと思います。」

「自分の症例で説明していただけてラッキーでした。」

セミナーに参加されようか迷われている方はご参考にしていただければと思います。