4/28 分子栄養学アドバイザー養成講座 札幌会場&ZOOMオンライン中継 セミナー後報告

4月28日 分子栄養学アドバイザー養成講座 札幌会場とZOOMオンライン中継 第二回が開催されました。

10:00~12:00 基礎講座1 栄養の消化吸収 口腔・腸内環境改善

栄養のことを考える時、切っても切り離せないものに「消化・吸収」があります。食べてるつもりでも、もしかするとその栄養は身体で消化・吸収・利用できてないことが多くあります。そもそも日本人は欧米の人と比べると胃腸機能が弱く消化が十分にされにくいという民族的な問題もあります。また腸内環境改善を考えるとき見落とされがちな口腔ですが、口腔内を健康に保つことは腸内環境を整えるファーストステップになります。今回は一般的な腸ケアなどの乳酸菌や食物繊維をとってもなかなか不調が改善されないケースについてお話しました。

・口腔・胃腸の消化管の役割

・小腸で細菌が異常増殖するSIBOとその改善アプローチ

・薬剤やピロリ菌と栄養吸収の関係

・腸内環境改善に必要な食事や栄養素

・消化を助けるサプリメントや食材

・カンジダ菌について

など

13:00~15:00 アドバンス講座1 血液栄養解析 基礎

分子整合栄養医学は各種検査結果のエビデンスに基づき個体差を把握し、その個人にあった栄養素を至適量補うことによって健康増進に導く医学ですが、その検査としてやはり血液検査は誰もが受けやすく、また気軽に検査しやすい検査です。健康診断で「異常なし」という基準値を超えているか、超えていないかという基準だけで検査結果をみるのではなく、予防的観点から分子栄養学に基づき血液検査を解析することによって、細胞の状態や消化機能、自律神経などの状態を把握することによって、これから起こり得る病気を予防することが可能になります。分子栄養学に基づいた栄養血液解析を学ぶことによって、ご自身の細胞の状態や細胞レベルの栄養の状態を把握し適切な食事への改善や生活習慣の改善が可能になります。

☆注意:また医師・歯科医師以外の方が第三者に血液検査をもとに診断やサプリメントなどを勧めることは医師法に触れる可能性がありますので、あくまでも自分やご家族の健康増進のためにご活用ください。

・血液検査項目の分子栄養学的解析

・マスクされた血液検査データを読むコツ

・問診や視診から血液データを推測する

など

15:00~17:00 特別講座 症例検討会

はじめての症例検討会が行いました。医療関係者から一般の方までご参加されました。中にはすでに独学されてある程度勉強されている方もいらっしゃいましたが、検討会を通じて、症例を読み込む力や、また必要な問診項目、食事や生活習慣のアドバイスなど具体的に学んでいただけたらと思います。沢山の症例を経験する中で、講座で学んだ内容が腑に落ちてくると思います。

今回の講座内容はボリュームが多かったので、後日動画配信で復習してください。

ゴールデンウィーク中にもかかわらず沢山のご参加ありがとうございました。